Languages

Super Nav - Japanese

エンジニアリングシミュレーションに対するTotalANALYSISアプローチ

SIMULIA PowerFLOWによるシミュレーション主導の設計では、設計プロセス初期において予測情報を得ることができるため、設計空間のより深い探索が可能になります。シミュレーションと設計間の素早いイタレーションは、製品がどのように機能し、また新しいコンセプトがどのように設計を改善できるかについて重要な知見を提供します。弊社は、空力、熱マネージメント、流体騒音、空調およびパワートレイン部署における流体主導の設計課題に対し、単一の統合ソリューションを提供します。私共は、このアプローチをTotalANALYSIS™と呼んでいます。

 



こちらの画像は、陸上輸送機器業界における弊社の実証済みアプリケーションを示しています。アプリケーションの詳細については、“産業別ページ”をご覧下さい。

上記画像のとおり、流体主導の設計課題は多岐に渡り、さらにこれらは各々が関連する課題となっています。例として、グリル開口部のサイズを小さくすることで抗力が低減されますが、同時にエンジンルーム内の冷却流れも減少します。また、HVACにおける流量を増やすことで性能を改善することは可能ですが、騒音もまた増大します。従来のエンジニアリングアプローチでは、設計の初期で特性目標または範囲を設定し、これらの範囲内で設計をするようそれぞれのチームに要求をしてきました。異なる領域におけるシミュレーションツールは、その用途に利用が特化しているため、特定のメッシュタイプでのシミュレーション準備が必要となります。

対称的に、PowerFLOWは単一のデジタルモデルを使うことで、多くの専門分野に渡るデザインスタディーと最適化を実行することができます。これにより設計プロセスの初期においてエンジニアリングチームが効率的に協調することが可能になります。空力、熱、流体騒音シミュレーションにおいて、共通の極めて詳細なモデルを使い、アプリケーションに関わらず同一の流体ソルバーを使うことで、設計上のトレードオフを素早く検討することが可能になります。従来のCFDソルバ―のように、特殊なスキルを伴うアプリケーション毎の詳細なソルバー調整は不要で、弊社が所有するデジタルフィジックスは、あらゆるアプリケーションに対し単一ソルバーで対応します。

弊社のTotalANALYSISアプローチは、分析の実行に要する時間を削減し、多くの専門分野における協調とトレードオフを可能にする、単一で統合された高精度ソリューションです。