Languages

Super Nav - Japanese

SIMULIA PowerDELTA

SIMULIA PowerDELTA 3.0

車両空力の改善、アンダーフードスペースの検討、高性能パッケージ、製品の要求性能を確認するデジタル検証など、製品開発チームが性能のポテンシャルを早期で判断する際、シミュレーションを活用することでより良い判断を素早く行うことができます。SIMULIAのPowerFLOWシミュレーションでは、これらの性能のポテンシャル関する重要な情報を設計初期にて得ることで、後期で発生するコスト増の設計変更を回避することができます。
しかしながら、デザイナー、CADエンジニア、サプライヤーなど、他の関連部署から受領する異なる形状をシミュレーション用に手直しする作業は、シミュレーションの価値を低減させます。形状の完成を待つ時間や、サードパーティーの非効率なツールを活用した形状準備、また様々な製品開発チームによるシミュレーション用システム統合、エンジニア、設計、サプライヤーによる連鎖的な設計変更などがシミュレーションプロセスを遅延させ、手動によるエラーを引き起こし、さらに最新アップデートに対するトレーサビリティー欠落の原因となります。

PowerDELTAは、完全にフィーチャーされたシミュレーション用メッシュを作成するツールです。PowerDELTAを活用することで、サードパーティーツールの非効率な作業工数を削減し、SIMULIA PowerFLOWで即シミュレーション実行可能な業界最速かつ高品質な形状を作成することができます。これにより、シミュレーション用形状準備プロセに要する時間を20%~75%改善することができます。さらに共通の製品課題に対し、シミュレーション結果を用いて設計方針を素早く決定することが可能になります。自動化されたフィーチャーにより、スピードと使い勝手が改善され、共通エンジニアリングを強化し、設計とエンジニアリングのワークフローを簡素化します。製品開発を加速することで、エンジニアリングの知見が設計判断に即反映され、後期での手戻りや再設計を削減します。

                                                            

PowerDELTA 3.0は下記の新機能を備えます。

  • 形状準備:スタジオ品質やプログラムデータなど不完全なCAD形状をシミュレーションに活用することで、性能のポテンシャルを設計方針に即反映することができます。
  • シミュレーション準備:エンジニアが素早くかつ簡単にメッシュを修正することができ、シミュレーション用形状を高品質かつ最速で準備することができます。
  • 共通設計とコラボレーション:CADとエンジニア双方からの変更を取り纏め、製品開発全体に渡り異なるシミュレーションに活用できるモデルを作成します。

  •