Languages

Super Nav - Japanese

Brake Cooling

Brake Cooling

全てはブレーキ冷却にかかっている

車両の安全性と信頼性はブレーキに左右されます。オーバーヒートの影響によるダメージからブレーキを守るためには、冷却流れが必要です。車両の形、タイヤ、ホイールの形状、ダクト、そして空力デバイスなど多数の特性が流れに影響を与えるため、ブレーキの冷却設計は非常に複雑です。ブレーキの冷却テストには、車両全体の形状が必要になりますが、多数のシステムが相互に関連するため、プロトタイプ完成の段階で問題が発覚すると、超過コストや製品リリースの遅れを引き起こします。

デジタルシミュレーションの有用性

Exaのシミュレーションは、デジタル3D形状に対し特許済み物理ベースのソルバーを適用しております。これにより、非定常現象、空気流れ、可動部品、さらに泥、ブレーキ埃、水、ドライブサイクル、天候を含む実世界の環境を再現し評価することができます。ブレーキ冷却の効果にインパクトを与え相互に関連するシステムを正確かつ早期にシミュレートすることで、エンジニアリングチームは開発の初期にてシステムレベルを向上させることが可能になります。これにより、設計変更による費用対効果を確かにし、設計ターゲットの領域を検討することで、全車両モデルに渡り重要な安全要求事項を満たすことができます。

ブレーキ冷却の複雑な移動形状による効果をシミュレートしたい
冷却をトラッキングするためブレーキシステム全体を通じた熱の変更を測定したい
後期での失敗を削減しブレーキ冷却設計を遅延なく予算内で行いたい

Additional Resources