Languages

Super Nav - Japanese

PowerFLOW

シミュレーションによる製品設計&開発プロセスの改善
PowerFLOW Aerodynamic airflow over rear of Jaguar XE

PowerFLOW®では、独自の本質的に非定常な格子ボルツマン法に基づく物理解析により、実世界の現象を正確に予測するシミュレーションが可能です。PowerFLOWの製品群を活用することで、エンジニアは試作の完成に先立ち設計プロセスの初期で製品評価を下すことができ、通常、後段階で発生する設計変更にともなう追加費用を削減します。PowerFLOWでは、非常に複雑なモデル形状をインポートし、空力、空力騒音、および熱マネージメントシミュレーションを正確かつ効率的に実行することができます。

Exa PowerFLOW Simulation Solutions for Aerodynamics, Aeroacoustics and Thermal Management

各種車両に対する強固なソリューション

PowerFLOWは、自動車商用車産業機器鉄道、モータースポーツ、オートバイ、軍用車両、バス、航空宇宙など、各分野の流体設計における課題を正確にシミュレートします。

弊社は以下の各分野に対応する、実証済みアプリケーション・ソリューションとベストプラクティスによる手法をご提供いたします。

  • 空力:燃費効率、ハンドリング、ダスト付着および水汚れ、パネル変形、ドライビングダイナミクス
  • 空力騒音:車室内風切り音、床下風切り音、ギャップ/シールノイズ、ミラー周辺騒音、サンルーフおよびウィンドスロップ、車外騒音、冷却ファン騒音
  • 熱マネージメント:冷却空気流れ、熱害、ブレーキ冷却、ドライブサイクルシミュレーション、キーオフおよびソーク、電子機器およびバッテリー冷却、RoA/吸気ポート
  • 空調:車室内快適性、HVACユニット、HVACシステムおよびファン騒音、デフロストおよびデミスト
  • パワートレイン:ドライブトレイン冷却、排気システム、冷却ジャケット、エンジンブロック
  • ダスト付着および水汚れ:  雨水のA ピラー乗り越え、汚れや埃の蓄積、タイヤの泥跳ね上げ

機能/利点

PowerFLOWは、実験による手法や従来のCFD技術と比較して、明確な利点があります。


PowerFLOWによるシミュレーションで車両を最適化することで、後期でのコストのかかる設計変更を回避します。 design changes.

 

精度の高い非定常シミュレーション

格子ボルツマン法をベースとした特許済みの流体シミュレーションにより、正確な非定常結果を得ることで、優れた機能設計が可能になります。

複雑な形状にも対応

形状の複雑性を問わず、PowerFLOWではタイムステップごとの解析結果が得られます。

完全統合・自動化された格子生成

完全に自動化された流体格子生成により、コストと時間の削減を実現します。モデル形状を準備しシミュレーションパラメータを設定するだけで、すぐに解析を開始することができます。

アプリケーション毎のテンプレート

PowerCASEに、空力、熱、風切り音のテンプレートが追加され、ケース設定の大幅な自動化と設定工数の削減が可能になりました。

乱流モデル

最先端のVLES(ベリーラージエディー・シミュレーション)モデルは、シミュレーションにおいて非定常な性質を本質的に捉えます。高レイノルズ数の課題に対する乱流境界層のシミュレーション機能を備えています。

高い並列化性能

PowerFLOWは並列化性能が最適化されており、数百台ものプロセッサーで構成されたクラスタ環境にも対応します。

多様なライセンス形態

PowerFLOWは年間ライセンス契約またはオンデマンドの利用時支払いで使用でき、セキュリティ保護されたホスト環境の、パフォーマンスに優れたシステム上で稼働します。

 

実回転形状のシミュレーション

実際に回転する形状をシミュレートするPowerFLOWの機能により、HVACおよび冷却ファンの騒音と性能を実用的かつ正確に予測すること可能です。これは標準的な回転参照座標系モデルでは予測することができません。この機能はさらに、本質的に非定常かつ回転部品を持つあらゆるアプリケーションの精度を向上させます。

  • ファン騒音および性能:軸流ファン、遠心ファン、遠心ファン、斜流ファン、クロスフロー ファンなどのシミュレーション;流速、圧力上昇の分析
  • ブレーキ冷却
  • タイヤの空力
  • ポンプ、ブロワー、タービン、ミキサー など

PowerFLOWシミュレーションに関する詳細につきましては、Exaリソースライブラリーをご覧下さい。

 

 

PowerCASEによる効率的な自動設定

PowerCASEは、どのような複雑形状においてもケースを準備できる、直感的で高速なインタフェースを備えています。PowerFLOWの完全に自動化された流体格子生成により、形状を作成・インポートし、初期条件と境界条件を定義、シミュレーション実行の際に記録する測定値を選択するだけでケースを作成することができます。実用的なテンプレート機能を使用することで、非常に複雑なケースでも効率的に設定することができます。他にも、設定プロセスを効率化する多数の機能が用意されています。

  • PowerDELTA®またはCADシステムからSTLおよびNastran形式でテセレートされた形状をインポートおよび配置
  • インポートした形状を補完する簡易形状を作成および配置
  • PowerCOOL®/PowerTHERM®連成シミュレーション向けに統合された設定
  • 内蔵された方程式言語により、時間と空間が変動する複雑な境界条件を定義
  • 一般的な設定ミスを検出し警告

シミュレーションが完了すると、PowerVIZ®で結果を即分析し、PowerINSIGHT®で結果分析を自動化することで、より多くの代替設計の評価と検討を行う時間が生まれます。

 

連成シミュレーション

PowerFLOWと弊社製品群のシームレスな連成により、拡張されたシミュレーション機能を有効に使用することができます。

PowerTHERM: 最先端をゆく完全連成の輻射および熱伝導ソルバーにより、表面温度と熱流束を予測

PowerCOOL: 完全連成の冷却システムシミュレーションモデルにより、熱交換器の性能とトップタンクの温度を予測

PowerACOUSTICS®: 空力騒音の予測および解析

 


PowerFLOWは車両の空力、流体騒音および熱のエンジニアリングに対しデジタル風洞を提供します

DIGITAL WIND TUNNEL

  • 実験データとの検証には、モデルと合わせて物理風洞もシミュレートすることが重要になります。
  • 外部流れの解明に、PowerFLOWでは空力や流体騒音のシミュレーションですぐに使用できる、パラメトリックなDisigal Wind Tunnel(デジタル風洞)テンプレートが用意されています。
  • 標準のデジタル風洞テンプレートは、お客様の風洞に合わせたカスタマイズが可能です。
  • デジタル風洞モデルは、以下の機能を備えています。
    • 静的および動的な地面のモデリングにより、実世界の現象をより正確に反映
    • 境界層吸い込み点と実験風洞との一致
    • 既知の実験境界層流入プロファイルの指定

シミュレーションのターンアラウンドタイム

  • PowerFLOWはシミュレーション時間を最短にすべく、高性能コンピューター環境に適合するように設計されており、数百プロセッサーまでほぼリニアなスケーラビリティを備えています。
  • 高速プロセス:設定、格子生成、シミュレーション、結果の分析までを1日以内で行えます。
  • 1つのモデルで多様なシミュレーション:弊社の統合された製品群により、1度サーフェスメッシュモデルを作成すれば、同じモデルを使用し熱や音など追加のシミュレーションを実施することが可能です。