Languages

Super Nav - Japanese

モータースポーツ

サーキットで 効果を実証:バーチャルシミュレーションによるレースカーのパフォーマンス

レースカーの空力

レースカーのパフォーマンスは、走行速度、ラップタイム、ドライバーランキングにより測定されます。しかしこれら値の基礎となるのは、エンジン、サスペンション、車体設計などを含む車のエンジニアリング要素です。空力や流れの制御は、車体設計のあらゆる面で非常に重要なポイントとなり、空力抗力、ダウンフォース、揚力バランス、横力やモーメント、さらにエンジンやブレーキの冷却流量の間におけるバランスが要求されます。

PowerFLOWでは、最適なパフォーマンスに車両をチューニングする際、流れの可視化と広範なデータを活用することができるため、変化が激しいレースカーの開発環境に適しています。サーキットでのキーポイントをシミュレートし空力チューニングや設計変更による影響を評価することで、車高、走行速度、ホイール位置、および横風やスリップ角などの依存度を計算することができます。

 


Exa PowerFLOW aerodynamic simulation of Tatuus racer

 

さまざまなレースカーや高性能車両に共通することは、ウィング、スプリッタ、スポイラー、グランドエフェクトなどの空力デバイスを使用して車両の上部表面の高い圧力を捕らえ、下面にサクションを生成させる点です。これら空力デバイスが渦流や伴流のような非定常流れを発生させることから、車両形状を変更する上で流れの現象をよく理解することが重要です。PowerFLOWの本質的に非定常なシミュレーションにより、時間依存の流体構造を正確に解明することができます。空力特性を解明することで最適な設計を見いだすことができ、結果としてラップタイムの短縮につながります。

冷却性能

レースカーの設計では、流れの影響に関する様々な課題が課せられます。高性能エンジンやブレーキを冷却するために流れを分散することは、車両の抗力やダウンフォースにも密接に関係します。PowerFLOWによる熱マネージメントは、形状、冷却気流パス、熱交換器やブレーキ冷却の性能を最適化するためのトータルな手法を提供します。