Languages

Super Nav - Japanese

セミナー

2017

PowerTHERM Users Group Meeting 2017

 

 エクサ・ジャパンでは、製品設計開発に対するシミュレーションによる熱性能開発の提供の場として、
「PowerTHERM Users Group Meeting 2017」を開催いたします。

 本セミナーでは、シミュレーションを積極的に活用されている企業の皆様の事例発表、
PowerTHERM開発元のThermoAnalytics社の講演をはじめ、ご来場者の皆様に有益となる情報を
提供させていただきます。皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

 


■開催概要

日   程: 9月14日(木)
時   間: 13:00 ~18:00 (12:30~受付開始)
会   場: 東京コンファレンスセンター・品川 (MAP)
        コンファレンスルーム406
対   象: 製造業の管理職、エンジニア
(*競合他社様の登録はご遠慮いただいておりますので、予めご了承ください。)
参  加  費: 無料(事前登録制)
(*定員となり次第、お申込は終了とさせていただきます。お席に限りがございますので
お早目にご登録をお願いいたします。
また、応募多数の場合、ユーザーの方を優先させていただく場合がございますので予めご了承ください。)
主   催: エクサ・ジャパン株式会社
お問い合せ:エクサ・ジャパン株式会社 セミナー事務局
T  E  L: 045-228-7669  E-mail: Seminar-jp@exajapan.jp

■プログラム

TIME

TITLE&PRESENTER

ABSTRACT

12:30 受付開始
13:00-13:05

エクサ・ジャパン株式会社
ご挨拶 
代表取締役社長 石川 和仁

13:05-13:35

エクサ・ジャパン株式会社
Exa社、ThermoAnalytics社サーマルアプリケーション
シニアセールスディレクタ 成田 明弘

13:35-14:05

日立建機株式会社

PowerTHERMを活用した

尿素水解凍シミュレーションへの取り組み

実験解析評価センタ 

川澄 一樹 様

 今般販売開始した新型油圧ショベルZAXIS-6シリーズにおいては、日本のオフロード法2014年排出ガス規制、欧州(Stage IV)、北米(Tier4 Final)に対応するべく尿素SCRシステムを搭載した。
中でもNOx浄化の際に必要な尿素水は、温度管理が重要となる。特に低温環境下においては、尿素が凍結することによる機能不全が考えられるため解凍機構を設けている。
 本発表では、ZAXIS-6シリーズ開発時に適用したPowerTHERMによる尿素水解凍性能予測シミュレーションの概要を紹介する。

14:05-14:35

エクサ・ジャパン株式会社 

PowerTHERMとGT-Suiteカップリング

よるキャビンシミュレーション

技術部 (PowerTHERM製品担当)

アプリケーションエンジニア 

周 徐斌

 従来のフル3Dの流体解析手法とは異なり、PowerTHERMとGT-SUITEとのカップリングシミュレーションは、リアルタイムに近い計算時間でキャビン温熱環境解析を可能にした準3Dの手法である。本手法により、長時間の現象の解析に対して計算時間の短縮と解析精度とを両立させることが可能である。キャビンHVACの仕様検討や各種パラメーターの設計の早い段階で、多くのケーススタディーを実行することが可能である。
 本発表では、本解析手法の仕組みやワークフローの詳細、活用事例と精度検証を紹介する。

14:35-14:55 休憩
14:55-15:40

Exa Corporation

ソークと冷却を考慮したキャビン冷却性能設計

System Modeling and Controls Senior Technical Director: Phd. Ed Tate

 PowerFLOWとPowerTHERMは、キャビンの快適性を向上させるための冷却設計に使用されます。 キャビンを加熱する日射の影響と空調システムによってどのように熱が除去されるかを考慮することで、冷却性能の検討を行うことができます。 快適な車室内空間を作るための設計プロセスは、コンセプト設計から始まり、冷却能力、ガラス、キャビン材料に関する決定が行われるにつれて成熟します。 PowerTHERMは、キャビン温度を上昇させる輻射熱、温度層別化と対流の影響を予測するために使用されます。
 本セッションではPowerTHERMとPowerFLOWのカップリングによるキャビン冷却性能設計についてご紹介する。

15:40-16:10

株式会社 本田技術研究所 
四輪R&Dセンター 

車両開発における熱解析事例

第11技術推進室 第5ブロック

主任研究員 滝口 貴 様

 自動車の低燃費化へのユーザーの期待と需要は年々高まっている。燃費向上のために走行抵抗を減らす手法として、エンジンルームに導入される風の量を減らして、空気抵抗を減らす方法もある。一方、パワートレインに目を向けると、ハイブリッドや過給により熱交換器が追加され、エンジンルーム内温度は上昇傾向にある。
部品の品質保証の観点では部品温度を一定値以下に保つ必要があり、より外気導入が望まれ、燃費向上とは背反事象にある。
 本発表では、PowerTHERMを用いた事例として車速の異なる走行条件における部品温度予測の例を紹介する。

16:10-16:30 休憩
16:30-17:30

ThermoAnalytics Inc.

PowerCOTHERMプラットフォームと排気モジュールを用いたドライブサイクルシミュレーション

Product & Commercial Service

Vice President Mr. Craig Makens

〈準備中〉
17:30-17:50

ThermoAnalytics Inc.

PowerTHERM開発ロードマップ

Product & Commercial Service

Vice President Mr. Craig Makens

最新バージョンのPowerTHERM12.3の新機能および、
次期バージョンでの機能拡張、開発計画について紹介する。

17:50-18:00 質疑応答

*プログラムは都合により変更になる場合がありますので予めご了承ください。
*他言語のセッションでは、通訳を行います。



 

2016

 

エクサ・ジャパンでは、下記のセミナーを開催いたしました。


【終了いたしました】
パワートレインの熱害・ソークに関するセミナー

日程:2016年8月26日(金)時間:13:00~17:50  



会場:横浜三井ビルディング15階 会議室B
URL: http://yokohamamitsui.com/access/index.html
対象:パワートレインの熱に関する設計課題をお持ちのエンジニア
定員:30名/セミナー、15名/ハンズオン(人数限定、先着順)

自動車業界を中心として加速する低燃費化にともない、エンジンのダウンサイジングや材質の置き換え、また、厳しさを増す排ガス規制に向けた後処理装置の熱マネジメントなど、熱害およびソークに対する新たな課題への取り組みが必要とされています。
これらの新たな取り組みに向けて、弊社の熱解析ソフトウェアPowerTHERMは、フルビークルモデルであってもラップトップPCで長時間の熱解析を行うことが可能なことから、既に導入を頂いているお客様より高い評価を得ております。
本セミナーでは、PowerTHERMを活用したフォードおよびジャガーランドローバーの事例をご紹介いたします。さらに、ツールの特徴的な機能をご理解いただくため、ハンズオンにて車両モデルを活用した一連の操作をご体験いただけます。