Languages

Super Nav - Japanese

エクサ・ジャパンについて

代表者メッセージ

私どもは、自動車、トラック・バス、建機・ 農機、鉄道などの車両開発における設計支援ツールとして熱流体シミュレーション技術を提供しております。

この分野においては、燃料高騰、環境問題など取り巻く環境が年々厳しくなっており、設計開発に対する要求が益々高まっています。また、品質、安全性、快適性はダイレクトにマーケットに影響を与え、例えば、J.D.Power and Associates社による品質調査などによる結果は、現ユーザーの再購入や新規ユーザーの購買意欲に大きな影響を与えます。

一方で、このような輸送機器メーカーを取り巻くビジネス課題において、熱流体技術の観点から取り組むことのできるアプリケーションは多岐にわたっています。その例として、空力抵抗の低減による燃費の向上や排ガス規制クリアを目的としたエンジン冷却性能の向上、風切り音低減による品質・快適性の向上などがあげられます。しかしながら、従来の熱流体シミュレーションは、多くのモデル化を余儀なくされることから、現実との乖離により設計開発者がその利点を十分に享受しているとはいえません。

私どものシミュレーションソフトウェアは、特許済みの格子ボルツマン法に基づいた独自の技術を採用することにより、多くのモデル化を排除した実際の形状による詳細現象を再現したリアルワールド・シミュレーションを実現することができます。この他に類をみない特長は、世界中の主な自動車メーカーに認められ、実際の設計開発の分野で広く採用されています。

他方、私どもは単にソフトウェアの提供に留まらず、適用分野にフォーカスすることにより、そのシミュレーション手法、検証、結果の分析を含んだ”ベストプラクティス”とともに、設計開発のための統合的なシミュレーション環境を提供しております。シミュレーションソフトウェアを提供するというより、むしろデジタル車両による仮想実験環境を提供することを目標としております。

この独自のアプローチに基づき、適用分野を徐々に広げていく考えです。お客様の課題解決に少しでもお役に立てるよう、お客様のニーズに耳を傾け、適用分野の充実と技術の向上を目指してまいります。

 

エクサ・ジャパン株式会社

代表取締役社長

石川 和仁


会社概要

エクサ・ジャパン株式会社は、2005年4月に米国Exa Corporationの日本法人として設立されました。米国本社で開発された画期的な新手法である格子ボルツマン法を採用し、全世界の主要な自動車メーカーで採用されている熱流体解析ソフトウェア「PowerFLOW®」の販売、およびこれによる技術支援、コンサルティングを提供する熱流体ソリューション提供企業です。熱流体力学的見地から、空力・流体騒音・熱害などの車両性能を向上し、実験を中心とした従来の設計プロセスの改革を実現するためのソリューションの提供を目指しております。ソフトウェア中心ではなく、CO2削減や安全性の向上など、お客様のビジネス課題の解決を第一に考え、それらを解決するためのアプリケーションに軸足をおいた製品・サービスの開発を特徴としています。 また、短期間でのアウトプットを実現するために、IBMの提携によるクラウドサービスにより、大容量のコンピュータリソースを含むソフトウェアの提供も行っております。

会社名

エクサ・ジャパン株式会社
Exa Japan Inc.

所在地 〒220-0011 横浜市西区高島1丁目1番2号 横浜三井ビルディング23階
TEL/FAX 045-228-7669 / 045-228-7690
資本金 1,000万円
設立日 2005年4月18日
代表者 米国 Exa Corporation(100%)
主要株主

流体解析ソフトウェアの開発、販売および技術支援
流体解析ソフトウェアに関するコンサルティング業務
流体解析ソフトウェアのクラウドサービス

取扱商品 PowerFLOW®, PowerDELTA®, PowerCASE®, PowerTHERM®, PowerCOOL®,   
PowerACOUSTICS®, PowerVIZ®, PowerINSIGHT® 他
グループ会社

Exa Corporation(米国)、Exa GmbH(ドイツ)、EuroXA(フランス)、
Exa Italy s.r.l.(イタリア)、Exa Korea (韓国)、Exa Shanghai(中国)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アクセス

JR各線、横浜市営地下鉄、京浜急行線、相模鉄道本線、東急東横線、みなとみらい線

   「横浜」駅    ..... 徒歩5分

みなとみらい線

   「新高島」駅 ..... 徒歩2分

横浜三井ビルディングへのアクセスはこちらより